定額制オークションサポート オークレボ

Read Article

■eBayがバイヤー不払いに取り組む

オークレボ運営者の松田です。

本日の海外ECニュースです

昨年eBayは、Buy It Nowでオークション形式ならびに固定価格で購入される商品の一部を、バイヤーが支払いを済ませるまで販売中扱いにするという新しい規約を導入した。このとき同社が語ったところによると、この規約は相当な数におよぶ未払いアイテムをなくしていくために考案されたものだという。(未払いアイテムとはバイヤーが出品者に代金を払わず逃げる、という婉曲表現)

今週、同社のSeller Protection責任者ジョナサン・ヘイニー(Jonathan Haney)がセラーに、踏み倒しバイヤーの問題に対するeBayの取り組みをアップデートした。「昨年の3月以来私たちはこの問題についてあまり話題にすることがなかったので、未払いアイテム削減とセラーの皆様のためのマーケットプレイスの改善に対する当社の取り組みの進捗状況をご報告できることを大変うれしく思っています。今日までの最新状況で、eBay全体における未払いアイテムの数は26%減少しました。」

ヘイニーは、未払いアイテムの探知システム -支払わないと思われるバイヤーにフラグを表示し制止させることを可能にする- の改善を図ったという。しかしeBayは、いまだに支払いをしない傾向のあるバイヤーに商品を購入させている。そうしたバイヤーから即座に支払われることもある。「こうした利用者がサイトで購入停止になっていることがセラーには分からないこともありますが、不払い率が全体で大幅に減少したということを知っていただきたいのです。」

その他の変化は、未払いの際にセラーが訴えを起こせる最短日数が、オークション終了から4日から2日になったことだ。また、ヘイニーはセラーに不払いの可能性を削減させるために、こう助言する。「出品形式によって、下記の方法を試してください。」

固定代金の場合:
・出品商品が即支払いの要件にかなっていることを確認する
・リストに”Requires Immediate Payment”の表示がされていることを確認する

オークションの場合:
・バイヤーが出品期間終了48時間以内に支払わなかった場合、My Messagesを通して連絡をとり、友好的で励ますような言い方で競り落とした商品に対して支払いをするようお願いする。バイヤーも人間で人生何があるか分からないので、疑問を良い方向に持っていくこと。そのバイヤーに緊急事態やほかに差し迫って気を取られるような問題が起こっていることもある。カスタマーサービスがこういったことに関して立ち入れることはないと言って良いので、訴えを起こす前にバイヤーとセラーの双方で納得できる解決方法を模索することが最善だということが分かっている
・Unpaid Item Assistantを設定して不払いアイテムを自動的に送信する。eBayのシステムに解決を代行させる

「こうした改善によってeBayでのビジネスに前向きな変化を皆様に感じていただけることを願っています。私たちは今後も不払いを失くし、セラーが最小限のリスクと最小限の困難で最高の購入価格が得られるお手伝いをするための新しい方法に取り組んでいきます。

PS
本日2月14日は私ども夫婦の結婚記念日でした!
少しいつもよりもゆっくり過ごしました♪